仕上げに。歯間ブラシの使い方|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

仕上げに。歯間ブラシの使い方

食べものが詰りやすい歯と歯の間は、ハブラシの毛先が届きにくく、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が残りやすい場所です。歯みがきだけでは取りきれないプラークも歯間ブラシを使うことで効果的に取り除くことが出来ます。

プラーク(歯垢)が残りやすい部位
毛先が届きにくい歯間部の歯垢除去率

歯間ブラシの選び方

歯間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度のサイズを選びましょう。隙間の広さが大きく異なる場合は、数種類の歯間ブラシを使い分けましょう。

歯間ブラシの材質について
ゴム ナイロン
ゴム

やわらかい使用感で歯ぐきにやさしい

ナイロン

プラーク除去効果が高い

歯間ブラシのサイズについて
サイズ 最小通過径 適応部位
SSS 〜0.8mm
前歯など歯と歯の隙間が特に狭いところ

前歯など歯と歯の隙間が特に狭いところ

SS 0.8〜1.0mm
S 1.0〜1.2mm
軽度の歯茎の退縮部位や歯並びの悪いところ

軽度の歯茎の退縮部位や歯並びの悪いところ

M 1.2〜1.5mm
歯茎の退縮部位やブリッジ装着の周辺など

歯茎の退縮部位やブリッジ装着の周辺など

「デントヘルス歯間ブラシ」と
「システマ歯間ブラシ」のサイズ比較
サイズ デントヘルス
歯間ブラシ
システマ
歯間ブラシ
SSS -
SSSサイズ
SS

3サイズ(SS~M)の歯間のサイズに対応

3サイズ(SS~M)の歯間のサイズに対応3サイズ(SS~M)の歯間のサイズに対応
SSサイズ
S
Sサイズ
M
Mサイズ

※サイズ表記、最小通過径は全日本ブラシ工業協働組合の自主規格より

初めて使用する際は、「小さいサイズ」から試すのが良いでしょう。小さいサイズが挿入できない場合には、デンタルフロスの使用がおすすめです。適したサイズがわからない場合は、歯科医院で相談すると安心です。

デントヘルス歯間ブラシの使い方

  • 歯間ブラシの使い方

    歯間ブラシを使うときは鏡を見て使いましょう。

  • 歯間ブラシの使い方

    まず、歯ぐきに沿わせて斜めに当てます。そのまま歯間ブラシをすき間に対して水平にしてゆっくり入れます。前後に2~3回動かして使います。

  • 歯間ブラシの使い方

    裏側からも同様に行うと効果的です。入りづらい歯間に無理に入れると歯ぐきを傷つけてしまうので気をつけましょう。

デントヘルス歯間ブラシの取り替え方

日々の歯みがきにプラスするといい、歯間清掃用具の選び方

歯間の大きさによって、狭い部分は「デンタルフロス」を、広い部分は「歯間ブラシ」を選択します。歯間の大きさに合わせて組み合わせて使うのも良いでしょう。

日々の歯みがきにプラスするといい、歯間清掃用具の選び方日々の歯みがきにプラスするといい、歯間清掃用具の選び方

歯を維持することは、
あなたの健康寿命
延ばす鍵となります。

「歯を残そう」へ

健康な生活を送るポイントは、自分の歯を1本でも多く残し、十分な噛む力を保つことが大切です。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

仕上げに。歯間ブラシの使い方。歯槽膿漏対策なら歯ぐきに直接届くデントヘルスをお試しください。デントヘルスで今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう。

ページの
上部に戻る