歯周病予防と基本的な歯みがき方法|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯周病予防と基本的な歯みがき方法

歯周病予防について

歯周病の大きな原因の一つは、プラーク(歯垢)です。歯周病を予防するためには、日々の歯みがきなどが大切です。さらに、定期健診を受け、よりよい生活を心がけましょう。

  1. 歯みがきの工夫
    みがいた後に歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間にみがき残しがないかをチェックしましょう。
  2. 正しい食習慣
    何でも残さず食べ、規則正しい食生活を心がけ、プラークができやすい糖分を多く含む食べ物は、とり方に注意しましょう。
  3. タバコは注意
    タバコは歯と歯ぐきにとってよくないことを覚えておきましょう。
  4. 定期的に健診を
    1年に2、3回は歯科医院で定期健診を受けるようにしましょう。

歯みがきの3つのポイント

歯を健康に保つために、歯のみがき方のポイントを知り、効果的にみがきましょう。

  1. 毛先を45度に

    ハブラシの毛先を、歯と歯ぐきの境目に45度の角度にあて、軽い力で小刻みに動かします。

    毛先を45度の角度にあてます。

  2. 軽い力で

    重さにすると、150~200g程度の力でみがきましょう。ハブラシの毛先が広がらないくらいの軽い力です。

    150~200g程度の力でみがきましょう

  3. 小刻みにみがく

    5~10㎜の幅を目安にして、ハブラシを小刻みに動かします。1~2本の歯をみがくくらいに、丁寧にみがきます。

    5~10㎜の幅を目安にしましょう。

歯を維持することは、
あなたの健康寿命
延ばす鍵となります。

「歯を残そう」へ

健康な生活を送るポイントは、自分の歯を1本でも多く残し、十分な噛む力を保つことが大切です。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

歯周病予防と基本的な歯みがき方法。歯槽膿漏対策なら歯ぐきに直接届くデントヘルスをお試しください。デントヘルスで今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう。

ページの
上部に戻る