歯周炎とは(原因と対策)|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯周病がある程度進行した段階で、早めの治療が必要です。

歯周炎とは、歯周病がある程度進行した状態のことです。歯周炎になると、歯ぐきが腫れる、口臭が発生する、歯ぐきから出血したりするだけではなく、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。
それに伴って歯ぐきが退縮していくと、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなります。

中期(歯周炎)

歯を維持することは、
あなたの健康寿命
延ばす鍵となります。

「歯を残そう」へ

健康な生活を送るポイントは、自分の歯を1本でも多く残し、十分な噛む力を保つことが大切です。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

歯周炎とは(原因と対策)。歯槽膿漏対策なら歯ぐきに直接届くデントヘルスをお試しください。デントヘルスで今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう。

ページの
上部に戻る