歯槽膿漏とは|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯槽膿漏とは

歯周病が最も進行した段階で、歯科医による早急な治療が必要です。

歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏とは、歯周病の中でも最も重い症状です。感染していても気付きにくく、気付いたときにはすでにある程度進行していることが多々あります。

後期(歯周炎(歯槽膿漏))

何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。もし、そのまま症状が進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。
悪化すると治療が難しくなり、完治させるまでに長期間を要するようになるため、歯科医院での早めの受診を心がけましょう。

歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因は口腔内の細菌です。この細菌は歯垢に生息しています。これらは、普段の歯磨きが不十分であったり、喫煙・ストレスなどの生活習慣から、口腔内に歯垢が溜まりやすくなり、増殖した細菌が毒素を出して歯茎に炎症を起こす原因となります。

歯槽膿漏が進行すると、血液を介して細菌が各臓器に運ばれ、身体に様々な影響を及ぼすことになります。

・歯槽膿漏と糖尿病が双方に悪影響を及ぼす。

・肺炎などの呼吸器疾患や感染性心内膜炎などの心疾患に悪影響を及ぼす。

歯周病とは

歯周病とは、歯ぐきや、歯を支えている骨などの組織に炎症がおこる病気です。

歯肉炎や歯周炎など、炎症からくる様々な症状を総称して、歯周病と呼びます。歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの境目にたまったプラーク(歯垢)であり、プラークの不十分な除去によって口臭も発生します。炎症が起こるのは、プラーク中の歯周病細菌が出す毒素によるものです。それにより歯を支えている組織は徐々に破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

  • 【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れる。歯みがき時に出血することも!【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れる。歯みがき時に出血することも!
  • 【中期:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】炎症が奥まで進み、赤みが増して更に腫れがひどくなる。歯周病を自覚し意識する。【中期:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】炎症が奥まで進み、赤みが増して更に腫れがひどくなる。歯周病を自覚し意識する。
  • 【後期:歯ぐきから膿 歯槽膿漏】末期症状で、歯の根元がむき出しになる。最後に歯を失うことに!【後期:歯ぐきから膿 歯槽膿漏】末期症状で、歯の根元がむき出しになる。最後に歯を失うことに!

また、歯周病の初期段階は「歯肉炎」と呼ばれます。歯ぐきが腫れたり、歯みがきのときに血が出たりという症状が見られます。この段階では痛みがほとんどないため、症状に気がつかなかったり、「たいしたことはないだろう」と放置したりする人も多いようです。しかし、放っておけば症状はどんどん進んでしまうので、初期段階でしっかりケアすることが大切です。

初期(歯肉炎)

ケアのコツ

「歯と歯ぐきの境目に歯垢を残さない」ことを意識した歯みがきが大切です。さらに、歯間ブラシなどの歯間清掃用具を併用することで、歯ブラシだけでは取りきれない歯垢をおとすことができます。

歯と歯のすき間

ハブラシで磨いても、歯と歯のせまいすき間の歯垢を取り切れない事があります。そのため歯間の歯周ポケットに歯垢がつまり、歯周炎を起こしやすくなってしまいます。

歯と歯のすき間
磨き残しの多い奥歯

奥歯は、自分で思うよりも磨き残しが多く、歯垢がたまりやすくなります。その結果、歯周ポケットが増えて歯周病にかかりやすくなるため、前歯と比べて奥歯を無くす事になってしまうのです。

厚生労働省:平成23年歯科疾患実態調査(50代〜60代)

磨き残しの多い奥歯
被せ物や詰め物の周り

過去の調査※によると、抜歯した歯の状態の4割が被せ物をした状態であるという結果が報告されています。詰め物や被せ物の周りは、歯垢が詰まりやすくなる傾向にあります。

※公益財団法人8020推進財団調査(2005年)

被せ物や詰め物の周り

ページの
上部に戻る