歯茎(歯ぐき)から出血する|デントヘルス

歯ぐきから血が出る

症状歯みがきのとき、少しの刺激でも歯ぐき(歯茎)から出血する。

解説丁寧なブラッシングを心がけ、日頃からのケアを欠かさずに。

出血は歯周病の進行した状態で、歯槽膿漏の可能性が高くなっています。

歯ぐき(歯茎)から出血がある場合でもブラッシングをおろそかにしてしまうと、さらに症状が悪化してしまう恐れがあります。そのような時こそ、丁寧なブラッシングが必要です。

歯ぐき(歯茎)の出血や腫れ、痛みがある状態のときはやわらかい毛のハブラシを使用すると良いでしょう。一箇所20回以上を目安にブラッシングしてください。しばらく続けていただくと歯ぐき(歯茎)からの出血や歯ぐき(歯茎)の腫れ、痛みもおさまってきますが、それでおさまったと思うのではなく一時的におさまっているものとしてさらなるケアをこころがけましょう。

歯周病、歯槽膿漏予防は、日頃からの欠かさぬお口のケアが大切です。
日々の歯みがきの仕上げにデンタルリンスの使用もおすすめです。

この症状に関連するトラブル

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る