歯ぐきがやせて下がり気味|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯ぐきがやせて下がり気味

症状歯ぐき(歯茎)が下がり、歯が長くなったように見える。

解説日々のケアで、歯ぐき(歯茎)の退縮を抑えましょう。

歯槽膿漏の症状を引き起こす恐れがありますので、今まで以上に入念なケアを心がけましょう。

歯ぐき(歯茎)がやせて下がり気味になる(すき間ができる)原因に、加齢や歯みがきのときに強くみがきすぎることなどが挙げられます。歯周病によって歯を支える組織が破壊されている可能性も考えられ、そのまま放置するとつらい歯槽膿漏の症状を引き起こす恐れもあります。

一度下がってしまった歯ぐき(歯茎)を元に戻すことは難しいですが、日々のケア次第で、歯ぐき(歯茎)の退縮を食い止めることは可能です。

歯と歯ぐき(歯茎)の間のすき間が広がると、食べ物が詰まりやすくなります。歯と歯ぐき(歯茎)の境目にハブラシをあて、一箇所につき約20回を目安に、小刻みに動かしてみがいてください。歯間ブラシを使って仕上げをするのも効果的です。

歯ぐきがやせてお悩みのあなたにおすすめの商品

歯槽膿漏になる前に。歯ぐきのためのハミガキやハブラシを使いましょう

この症状に関連するトラブル

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る