冷水が歯茎(歯ぐき)にしみて痛い|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

冷水が歯ぐきにしみて痛い

症状むし歯はないはずなのに、冷たいものが歯にしみてつらい。

解説歯ぐき(歯茎)の退縮によって歯の根元の象牙質が露出する「象牙質知覚過敏」と呼ばれる症状の可能性があります。

象牙質知覚過敏は歯ぐき(歯茎)が下がり、歯の根元が露出すると起こりやすくなります。

悪化すると、ハブラシがあたるだけでも痛みが走り、歯みがきが非常に苦痛となる結果、プラーク(歯垢)を除去するための十分なブラッシングができずに歯周病が悪化するという悪循環につながります。

しみるからといって放置することも、強いブラッシングで刺激するのもいけません。しみる痛みを防ぐ薬用ハミガキを使いながら、退縮した歯と歯ぐき(歯茎)の境目をやわらかめのハブラシで軽く小刻みに動かして、丁寧にみがきましょう。

歯牙質が露出する「象牙質知覚過敏」と呼ばれる症状の可能性があります。

象牙質知覚過敏でお悩みのあなたにおすすめの商品

しみる痛みを防ぐ薬用ハミガキを使い、丁寧なブラッシングをしましょう。

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る