歯がしみるのは歯槽膿漏が原因か知りたい|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯がしみるのは歯槽膿漏が原因か知りたい

症状歯と歯ぐき(歯茎)のケアを入念にしても、最近冷たいものを口に含むと歯に刺すようなしみる痛みを感じる。

解説しみる痛みを引き起こす「象牙質知覚過敏」は、歯周病・歯槽膿漏による象牙質の露出が原因である場合もあります。

歯がしみるように痛い、という症状は「象牙質知覚過敏」の可能性が考えられます。その原因の多くは、歯ぐき(歯茎)の退縮によって歯の根元の象牙質が露出してしまうことによります。

歯ぐき(歯茎)の退縮は歯槽膿漏の症状のひとつです。少しでも違和感を覚えたら歯科医院での診察を受けるようにしましょう。

日々のブラッシングケアにも注意が必要です。歯と歯ぐき(歯茎)の境目に軽くブラシを当て、小刻みにやさしくブラッシングするように心がけてください。歯みがきの際はしみる痛みをやわらげ、その原因となる歯槽膿漏を防ぐタイプの薬用ハミガキを使用するのもおすすめです。

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る