気がつくと症状がおさまっている|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

気がつくと症状がおさまっている

症状気がつくと症状がおさまっている。

解説歯周病は活動期と静止期を繰り返して進行します。
症状がおさまっている時でもケアを忘れずに。

歯周病は、活動期と静止期を繰り返し、少しずつ進行していく病気。たとえ症状がおさまっていても治ったわけではなく、知らないうちに症状が進んでしまうのです。 日常生活に支障がないからと言って安心するのではなく、日々のケアがとても重要です。

症状がおさまったからと言って、日々のケアを怠ると歯周病から歯槽膿漏へと悪化し、歯がガタガタになりやがて抜け落ちることもありえます。

また、歯周病の活動期に歯ぐき(歯茎)の出血や痛みなどの症状が出た時は、なるべくやわらかい毛のハブラシを使用し、小刻みなブラッシングを心がけ、一箇所20回以上の念入りな歯みがきを行いましょう。

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る