歯科医院で歯槽膿漏と言われた|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯科医院で歯槽膿漏と言われた

症状歯科医院で歯槽膿漏と言われ、不安を感じている。

解説日々のケアも重要です。
ハブラシでの刺激が気になる場合は、指で塗る歯槽膿漏薬を。

日々できる歯周病・歯槽膿漏対策で大切なのは、やはり日々の歯みがきですが、ハブラシでの刺激が気になる場合や歯ぐき(歯茎)の腫れ・出血・痛みの症状がある場合は、指で歯ぐき(歯茎)に直接塗るタイプの歯槽膿漏薬のご利用もお考えください。

指で歯ぐき(歯茎)に直接塗るタイプの歯槽膿漏対策薬は、有効成分が患部に留まり奥まで浸透することにより、歯槽膿漏の改善に優れた効果を発揮します。歯槽膿漏薬のご利用で痛みが和らいでも再発させないためには、普段のハミガキも歯槽膿漏対策のハミガキでケアしましょう。

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る