歯周炎とは(原因と対策)|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯周病がある程度進行した段階で、早めの治療が必要です。

歯周炎とは、歯周病がある程度進行した状態のことです。歯周炎になると、歯ぐきが腫れる、口臭が発生する、歯ぐきから出血したりするだけではなく、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。
それに伴って歯ぐきが退縮していくと、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなります。

中期(歯周炎)

ページの
上部に戻る