歯周病の活動期と静止期について|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯周病の活動期と静止期について

歯周病は活動期と静止期をくりかえす病気です。

歯周病は身体の抵抗力が強いときには、進行を一時的に停止し、静止期に入ります。
しかし静止しているだけで治ったわけではありません。
身体の抵抗力が弱まると、歯周病は、また再び活動期に入り、症状が現れ進行してきます。

歯周病は活動期と静止期をくりかえして、静かに症状が進行していく病気です。

活動期と静止期を繰り返しながら静かに進行していくイメージ

初期の歯周病から歯槽膿漏になる進行過程

【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきが下がったように見える【症状の進行:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】口臭がキツイ【後期:歯ぐきから膿】歯槽膿漏 歯がグラグラ 【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきが下がったように見える【症状の進行:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】口臭がキツイ【後期:歯ぐきから膿】歯槽膿漏 歯がグラグラ

こうなる前に早期の予防を!

歯を維持することは、
あなたの健康寿命
延ばす鍵となります。

「歯を残そう」へ

健康な生活を送るポイントは、自分の歯を1本でも多く残し、十分な噛む力を保つことが大切です。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

歯周病の活動期と静止期について。歯槽膿漏対策なら歯ぐきに直接届くデントヘルスをお試しください。デントヘルスで今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう。

ページの
上部に戻る