歯周病とは(原因と対策)|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

歯周病とは、歯ぐきや、歯を支えている骨などの組織に炎症がおこる病気です。

歯肉炎や歯周炎など、炎症からくる様々な症状を総称して、歯周病と呼びます。歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの境目にたまったプラーク(歯垢)であり、プラークの不十分な除去によって口臭も発生します。炎症が起こるのは、プラーク中の歯周病細菌が出す毒素によるものです。それにより歯を支えている組織は徐々に破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行

  • 【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れる。歯みがき時に出血することも!【初期:歯ぐきの腫れ、出血】歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れる。歯みがき時に出血することも!
  • 【中期:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】炎症が奥まで進み、赤みが増して更に腫れがひどくなる。歯周病を自覚し意識する。【中期:歯ぐきが退縮・ すきまも目立つ】炎症が奥まで進み、赤みが増して更に腫れがひどくなる。歯周病を自覚し意識する。
  • 【後期:歯ぐきから膿 歯槽膿漏】末期症状で、歯の根元がむき出しになる。最後に歯を失うことに!【後期:歯ぐきから膿 歯槽膿漏】末期症状で、歯の根元がむき出しになる。最後に歯を失うことに!

オーラルケアと全身健康

歯を維持することは、
あなたの健康寿命
延ばす鍵となります。

「歯を残そう」へ

健康な生活を送るポイントは、自分の歯を1本でも多く残し、十分な噛む力を保つことが大切です。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

歯周病とは(原因と対策)。歯槽膿漏対策なら歯ぐきに直接届くデントヘルスをお試しください。デントヘルスで今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう。

ページの
上部に戻る