痛みはないがハブラシに血がついている|歯槽膿漏対策ならデントヘルス

痛みはないがハブラシに血がついている

症状歯みがき時に、痛みはないがハブラシに血が付いている。

解説歯ぐき(歯茎)からの出血は歯周病・歯槽膿漏のサインです。

歯周病は痛みもなく静かに進行していくことが多く、かなり進行してしまってから気付くなど見逃してしまいがちです。

しかし歯周病は活動期と静止期を繰り返して進行するので、今痛みを感じていなくても、知らぬ間に悪化し、いずれ歯ぐき(歯茎)の痛みを伴う腫れや膿などのつらい症状を引き起こすかもしれません。痛みを感じなくても、少しでも気になるところがあれば歯科医院の診察を受けましょう。

もちろん日々の歯みがきも重要な歯槽膿漏対策です。殺菌成分を含んだハミガキやマッサージできるハブラシなどを使いながら、歯ぐき(歯茎)を傷つけないようやさしく丁寧にみがくなどして、常に口内を清潔に保つよう心がけてください。

この症状に関連するトラブル

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る