歯槽膿漏の症状(痛みなど)|デントヘルス

疲れると痛みや出血、口臭がひどくなる

症状歯ぐきの腫れや口臭を感じるものの、気がつくと症状がおさまっている。

解説歯周病は活動期と静止期を繰り返して進行します。

症状がおさまったからといって日々のケアを怠ると、歯槽膿漏へと悪化して歯のぐらつきが始まり、やがて抜け落ちることも考えられます。

歯ぐき(歯茎)の出血や痛みなどの症状が出た時は、歯周病の活動期です。なるべくやわらかいハブラシを使用しながら、1箇所約20回を目安に小刻みに動かしてみがきましょう。治まるまで歯槽膿漏薬を使うのもよいでしょう。

歯ぐき(歯茎)の状態を鏡でチェックした時に、赤くなっていたり腫れているといった症状が見られる場合は、歯科医院に診察してもらうことをおすすめいたします。

歯周病は、あなたの健康寿命
影響を及ぼす可能性が
あります。

「歯を残そう」へ

歯を失うことは、食べることや話すことに影響するだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼします。

※健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

ページの
上部に戻る